名古屋帯等の買取ポイントとお客様の声です。

買取実績

帯買取
帯買取
浦野理一の名古屋帯をはじめ帯十本以上の買取価格が

買取価格93,000円

名古屋帯とは

名古屋帯とは大きく分けると、仕立てる前の幅が鯨尺9寸である「九寸名古屋帯」と、鯨尺8寸2分の幅で織られた「八寸名古屋帯」の2つに区別されます。
名古屋帯は大正末期頃、現在の名古屋女子大学(当時の名古屋女学校)の創始者、越原春子が考案しました。当時、名古屋にある松坂屋が最初に売りだしたことにより全国的に有名になりました。
他の説として、飯田志ようという女性が、当時の工芸展覧会に出品したものが入賞し、当初は「文化帯」の名で広まったものが、後に名古屋帯と呼ばれるようになったという説もあります。

実績詳細

浦野理一の名古屋帯をはじめとする10本以上の帯を買取させていただきました。浦野理一の帯と特徴として特徴的な縦節に、鮮やかな色のものが多い印象をうけます。訪問したお客様はお茶会などでこの名古屋帯をつかわれていたようです。着用感はありますが、他の帯とともにきちんと保管されており貴重な帯でしたのでこのようなお値段をつけさせていただきました。査定後、お客様もご納得されていたのが、大変印象的でした。

お客様の声

大阪市の仲山です。先日はありがとうございました。愛用していた名古屋帯等を買取していただきましてありがとうございます。家に来ていただいた査定員さんの着物の知識には驚きました。着物専門店だからこそだと思いました。大変満足しております。

      以下の商品の買い取りもおこなっております。

フリーダイヤル:0120-102-142

キャンペーン

必要事項を記入の上、
【無料着物出張査定に申し込む】ボタンをクリックしてください。

● お名前

● 電話番号

● 郵便番号 ※入力後は住所に自動反映

● 住所

● メールアドレス

上記の個人情報の利用目的に同意する

このページの先頭へ